[天皇杯・準々決勝]ヴィッセル神戸vs浦和レッズ

天皇杯の準々決勝の敗退でヴィッセル神戸の2015年のシーズンが終了した。

第95回 天皇杯 準々決勝
ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ
(ヤンマースタジアム長居)
スコア: ● 神戸 ( 0 – 3 ) 浦和○

狙い

連携が良くなっている森岡、渡邉千真、石津の3人に加えて、復帰したレアンドロを同時に使いたかったからであろう。
今の神戸のストロングポイントはこの4人の個とコンビネーションの攻撃しかない。
互いに点を取り合う展開、もしくは攻撃することで相手の守備意識を高くして相手の攻撃を抑えるという狙いは、勝つまでの可能性からすると悪いことではなかった。
ただ単に浦和と神戸の実力差が大きすぎた。

浦和にしても広島にしてもこの両チーム、これだけ選手個々の能力が高く、コンビネーションも良いとなれば、選手の能力を上回れない限りにおいて勝つことまで含めると、オートマチック化されたかなり繊細な守備戦術を用いないと対応が難しい。

現状認識と覚悟

ウヨン、慶治朗、ペドロ・ジュニオール、安田ミチのスタメンで出るべく選手が欠場。
二種登録のユースがスタメンに名を連ねる。
運動量が少なく球際も弱い。
守備戦術を持たない守備陣。

今シーズンを象徴するような試合の内容と結果になった。

1ヶ月間、何をしていたのかという意見はもっともだ。
ただ、チームというのは積み重ねであり、1ヶ月でチームが劇的に変わることはない。

サポーターもクラブもタイトルを獲ると口にする前に、現状の認識とチームが変わるには相当時間がかかることの覚悟を持たなければならないと思っている。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。