FC東京vsヴィッセル神戸~我慢強さと勇気

現地参戦の寒かったですね。
スカパー観戦の人も寒く感じたのではないでしょうか。
と、負けたからといって皮肉を言うのがいちばん寒い。

2016年3月11日 1stステージ 第3節
FC東京 vs ヴィッセル神戸
(味の素スタジアム)
スコア: ○東京 (1 – 0) 神戸●

我慢強い守備

どちらも決め手を欠く中、終了間際にゴールを割られる。
プラン通り進んでいただけに勝ち点1を持って帰りたかった。

落胆は大きいが、しっかり守れたことは前向きに捉えることができる。
神戸の守備はいつもと違ってコンパクトにブロックを保ち続け、相手のプレーの精度を奪った。

消極的な攻撃

その反面、攻撃はさっぱり。
シュート3本に枠内0。
後半はシュートなし。
しっかりブロックを組まれて縦パスを入れる場所がないからと後ろに戻して長いボールを蹴って相手にボールを渡してしまうことの繰り返し。
リスクを負う勇気がなければ難しい局面の打開はできない。

次はガンバ戦。
我慢強い守備と局面を打開する勇気、この2つが伴わないと勝てる相手じゃない。





(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。