[20160420]ヴィッセル神戸vs大宮アルディージャ~3人まとめて初対戦

2016年4月20日 ナビスコカップ グループステージ 第4節
ヴィッセル神戸 vs 大宮アルディージャ
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア : △ 神戸 (1 – 1) 大宮 △


燃えている岩波卓也

大宮が決定機をはずしまくってくれたおかげで引き分けで終われた。
決定機の原因が岩波にある場面が目立った。
ボールが入る場所にアプローチしてポジションを空けてしまっていた。
速くボールを奪って攻撃の良い形を作りたかったのだろう。
ただの判断ミスであろうか。

岩波の守備は良く言えばスマート、別の言い方をすると無難。
そんな印象だったが、意識が変わってきているのかもしれない。

最終ラインの守備はセーフティファーストが原則だが、守備はゴールを奪うための最初のプロセスでもある。
昨年までのように無難に守ってビルドアップしていればセンターバックの役目を果たしていることにならない。
11人全員でゴールを奪う意識を持つことは今年の神戸のスタイルでは欠かせない。

次は修正するとしてだ、とにかく最近の岩波は燃えているのがプレーに出ている。

3人まとめて初対戦

移籍した選手との初対戦は楽しみではあるが、3人まとめてというのも珍しい。
大宮に移籍した河本、翼、奥井との初対戦。
思うところもあるが、平日なので写真だけ。









(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。