[20160504]ヴィッセル神戸vsジュビロ磐田

強くなっていくための基礎が着実に積み上げられていることが感じられた試合。

2016年5月4日 J1 1stステージ 第10節
ヴィッセル神戸 vs ジュビロ磐田
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: ○ 神戸 ( 4 – 1 ) 磐田 ●

・負傷者続出に相馬と伊野波の出場停止が重なったことによるスクランブルな選手起用。
・レアンドロとペドロ・ジュニオール、このリーグ屈指の2枚のストライカー。
・スンギュのビッグセーブの連発。
・藤田のロングスローからのゴール。
・前半、磐田がアグレッシブにプレスをパスワークでかいくぐる神戸。
・後半、耐えてミスを待つ磐田、落ち着き徹底してウィークポイントをつく神戸。
・三原を右サイドハーフに配置した4-4-2。
・熊本出身のヒデの出場に湧くサポーターとPK獲得。
・アンカーを置く4-1ー4-1で逃げ切り。
・トップチーム昇格1年目の東の初スタメン。

東をケアするために同じサイドの千真の攻撃力が削がれ、逆サイドのサイドハーフに三原が入って得点能力が落ちた。
しかし、レアンドロがいつも以上に動き回り、ペドロ・ジュニオールが走り落ちた攻撃力を2人で補った。
そのことで攻撃力が落ちるはずが、千真と三原のポジショニングがボールを回す上で利点になり、ハイプレスで来るであろう磐田にはまった。

なんといっても負傷離脱が続出していて、相馬と伊野波の出場停止する状況で得た勝ち点3の価値は高い。
ベテランの2人が中3日での名古屋戦に消耗せずに試合に臨むことができる。













(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。