[20160618]ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズ~なんとしても勝ちたい一戦だった

鹿島は代表の選手が多いからか女子のサポーター多いね。

2016年6月18日 1stステージ 第16節
ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: ● 神戸 ( 1 – 2 ) 鹿島 ○

期末試験

この試合を勝手に期末試験のような位置付けていた。
試験である以上、合格点、勝利という結果を出さなければ意味がない。
勝ちたい試合だった。

時間が経ってみると、試験には腕試しという目的もあるわけで、現時点の実力と課題が分かったことに意味はあったと思えるようになった。
ただ、勝ちたかったというのは今も変わらない。

鹿島は前半だけでイエローカード3枚。
後半はセンターバックの昌子にもイエローカードが出て鹿島に退場者が出ることも期待していたのだが。


今のイエローカードは2枚目じゃないの?
メモってるやつちょっと見してみ。

ペース配分

後半、鹿島が主導権を握り、早い時間に逆転のゴールを許してしまう。
鹿島がギアを上げてきたこともあるが、神戸は後半は早々にタイトに寄せられなくなりラインを下げざる得なくなってしまった。
前半終了間際に失点した場面も寄せられなくなっていた。
前節もそうであったが、前半にアグレッシブに行っている分、足が止まるのが早い。
ボールを回して息を入れたり、相手にボールを持たせたりする時間を作ってペース配分ができるようにならないと特に夏場はきつい。

伊野波欠場の影響

前節の広島戦ではピッチ上で伊野波を中心に選手同士が話したり指示したりしている場面はいつも以上に見られた。
広島の特徴的な攻撃に対し、繊細な対応の必要であることの意識が高かったのだろう。
伊野波の欠場の影響は大きかった。
誰かが伊野波の替わりをやらなければならなかった。

いちばん悔しい思いをしている選手

選手の中でいちばん悔しく思ったのは高橋祥平だろう。
結果が欲しかったであろうし、守備の連携はもっとできたはずという思いを感じたかもしれない。



ボランチの組み合わせ

83分に藤田をピッチから下げた。
藤田を下げることは相手を助けることになるのではないだろうか。
相手からすると藤田がいなくなるのはセットプレーの怖さがなくなる。

藤田はセットプレーだけでなくボランチとしての総合力が高い。
前目でプレーすればゴールに直結するパスを出せ、フィジカルがあるのでバイタルエリアでの潰し屋としてのプレーもできる。

バランサーとしてみた場合、攻守の判断や守備での連携でまずいところが時々あり、ネルシーニョはそこを気にしているのだろうか。
ネルシーニョの藤田の評価はどうなのか気になっている。

藤田がピッチにいるのといないのとではゴールの期待値が変わる。
しかし、ニウトンは藤田のタスクと被るところがあるので、ニウトンの相方の一番手は藤田にならないような気がしている。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。