[20160709]ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖~悔しいドロー

”悔しいドローでした”なんて、引き分けたときの決まり文句は書きたくはないけど、悔しいしか出てこない。

攻めても攻めても逆転できなかった残念な思い。
蒸し暑い中とはいえ、パスやトラップのミスの多さと判断の悪さ。
かんたんに深い位置まで運ばれてしまうこれ以上良くなる気配のない守備。
早い時間帯にリードしても試合コントロールできない不器用さ。
鳥栖は練習してきているであろう狙っている攻撃ができているのに、神戸は意思統一のない攻撃。
動けないニウトンを下げない采配。

「もっとできたはず」という思いが強く残る。
そこにまたしてもホームで勝てなかったことが悔しさを増幅させる。



選手は戦っているし気持ちは感じられる。
期待通りの結果になかなか届かなくても、失望せずにいられるのは救い。

さいごも悔しいときの決まり文句で。
悔しさをバネに!

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。