[20160717]ヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレ~進歩と課題

キャプテン千真「よし!てっぺん狙うぞ!」(※言ってない)

2016年7月17日 J1 2ndステージ 第4節
ヴィッセル神戸 vs 湘南ベルマーレ
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: ○ 神戸 ( 2 – 0 ) 湘南 ●

進歩

しんどい試合だった。
湘南は前節、鳥栖に走り負けて防戦一方で負けている。
悪い内容で負けたチームは気持ちを強く向かってくる。
そういう気持ちで来るチームに苦しみながらも気持ちで負けずに快勝できた。
そこは今年の神戸が進歩したところ。
ただ、主導権を握っても続かないところがまだまだと言わざるを得ない。

ニウトンの起用方法

もともとボランチがフィルターになっていない守備の課題があった中で、コンディションが万全でなく走れないニウトンの加入。
ニウトンを下げる気がないのであれば慣れるまでは何かしら手を打たないとカバーする周りの選手がきつい。
前を1枚削って中を3人にするか、ニウトンを前に出してトップ下に置いて攻撃面を活かすかしてバランスを取りたい。
スンギュは言うまでもなく最終ラインがよく踏ん張ったと思う。


松村亮

追加点の後ということで守備でのタスクを負っての投入となった松村亮。
主に相手の10番菊池を抑えながら、パス、クロス、シュートの攻撃面でもアピール。




岩波リオ五輪壮行

ファイティングスピリッツ賞は発表まで選手にも知らされないのだが、今回は発表前に岩波に告げられていた。
気持ちよく送り出せる壮行会になった。
勝って送り出せたことは本当によかった。




(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。