[20160730]ヴィッセル神戸vs大宮アルディージャ~上を目指すよりも先に強いチームになってほしい

終盤、三原に替えて高橋祥平。
は、ペドロ・ジュニオールの負傷により直前でキャンセル。

2016年7月30日 J1 2ndステージ 第6節
ヴィッセル神戸 vs 大宮アルディージャ
(ノエビアスタジアム神戸)
スコア: ○ 神戸 ( 1 – 0 ) 大宮 ●

この試合はもっと楽に勝てたのではないか?
主導権を握って試合を進める意識を持たないと強いチームになっていけないのではないか?

神戸の4-3-3の守備面

神戸はニウトンをアンカーに置いた4-1-2-3(4-3-3)のシステムとした。
4-3-3がというより、守備の4-1-4-1のラインが守備を安定させた。
大宮のダブルボランチにヒデと三原のボランチをぶつけて、大宮に攻撃の組み立てをさせなかった。
また、いつもの4-4-2とは違って常にプレスがかかっていたため、最終ラインがズルズル下がらず高い位置を保てた。

神戸の4-3-3の攻撃面

神戸の4-3-3は、3-4-3の攻撃と4-3-3の守備の特徴を合わせ持つ。

一般的な4-3-3では3トップのうちのサイドの2人はライン際に張るが、千真とペドロ・ジュニオールは中寄りのポジションを取る。
サイドバックが2人とも高いポジションを取り、空いたライン際を使う。
攻撃の意図、組み立ては3バックの3-4-3に近い。

ゴールの場面は、ペナルティエリアに侵入した千真に縦パスが入った後、左サイドバックの橋本、ボランチの三原、右サイドの高橋峻希にボールが渡って決まった。
通常の4-3-3ではあり得ず、3-4-3らしい崩しだった。

短所

このフォーメーションでは攻撃面では神戸のストロングポイントが消えてしまう。
神戸の攻撃はボールを奪ったらトップのレアンドロとペドロ・ジュニオールにいかに早くボールを付けられるかが鍵になる。
守備のときは1トップの状態なので攻撃に切り替わった時点でのターゲットはレアンドロのみ。
この試合のようにレアンドロに厳しく来られると神戸のストロングポイントは消える。
大宮がファールを重ねてもイエローカードが出ないのではなおさら。

攻撃に切り替わったときのファーストチョイスはレアンドロにボールを付けることは変えなくてもいいが、4-4-2に比べれば成功率は落ちることを理解しなければならない。
状況を見ないでレアンドロに蹴ったり、闇雲に前に長いボールを蹴ったりするのは得策ではない。
より状況判断が必要になる。

リードした後の戦い方

55分に先制した後、このシステムは徐々に機能不全に陥っていく。
リードしているためリスク管理重視で両サイドバックが高いポジションをすぐに取らず、攻撃に人数をかけなくなった。
カウンター狙いで長いボールを蹴っても前で収まらない。

カウンター狙いならば4-4-2に変えればいい。
4-3-3にこだわるよりサイドの守備への手当が必要だった。
そのままのシステムで行くならば、ボールを動かしながら押し込んで主導権を握って試合を進めることを選択してほしかった。

最後はシステムうんぬんではなく、選手全員、気迫で守り抜いた結果。
それはそれで良いものではあるけど、主導権を取ること、ボールを回してリズムを作ることをやっていかないと強くならない。
上を目指すよりも先に強いチームになってほしい。





(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。