ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス~レアンドロ抜きでもネルシーニョイズムで圧倒

2016年10月29日 J1 2ndステージ 第16節
ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス
スコア: ○ 神戸 ( 3 – 0 ) 名古屋●

松下佳貴、中坂勇哉、増山朝陽のリーグ戦初ゴールで快勝。

レアンドロとニウトンが出場停止。
レアンドロの代わりは誰もできない。
そんな不安は開始15分で消えた。

ボールを高い位置で保持し、ボールを失ってもすぐに奪い返した。
ペドロ・ジュニオールと中坂はレアンドロのようにボールを収め、相手に脅威を与え続けた。
岩波のロングフィードは日差しと風の強い状況で背走させられる相手にはやっかいだったろう。
攻守にスプリントを繰り返した増山朝陽。
なんと警告なし。

コンパクトな守備、球際の強さ、素早い攻守の切り替えをベースに、各選手がそれぞれのタスクを遂行。
ネルシーニョイズムを体現した試合になった。
このホーム最終戦の勝利で2ndステージのホーム無敗を達成。

唯一のネガティブ要素。
ファイナルセレモニーでの三木谷会長の「来年は優勝します宣言」。
これは聞かなかったことにしたい。


名古屋は降格圏の年間16位の崖っぷち


シモビッチとのマッチアップは漫画の世界のよう。田代有三が競り勝ったボールを活かせなかった2012年の神戸を思い出す。


9月から闘莉王が復帰するも他の選手の覇気はなく。5月の対戦時から違いを感じなかった。


松下佳貴は高橋峻希のクロスに飛び込んで先制点。クロスのシュート練習を見る限りワンタッチで合わせるプレーは苦手のように感じていたが決めてみせた。3点目のアシストでもゴールに絡む。


ある種、この試合のハイライト。足をつって担架で運ばれる途中に担架を降りて自らOKサインを出した中坂。交代の増山朝陽がピッチに入った後も未練を残しながらピッチに目をやる。


増山朝陽は出場28分で7回のスプリント。1stステージのころより守備意識が高くなった。


伊野波は9月17日振りの出場。驚異的な身長のシモビッチとのマッチアップは競り勝つことはできないまでもポストプレーは封じる。


岩波はシモビッチを伊野波に任せて伸び伸びとプレー。風の影響か珍しくロングフィードがラインを越えることもあったが、決定的な場面をいくつか作った。


今年1年の功労者。


マン オブ ザマッチは先制点の松下佳貴

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。