「未知数」2017シーズン開幕前のヴィッセル神戸

前回に続いて攻撃編。

ネルシーニョの戦術

ネルシーニョの戦術は欧州系の監督とは違ってシステム重視ではない。
ネルシーニョが重視するのは状況判断し状況に応じた最適なポジショニング。
特に攻守が切り替わったときのポジショニングが重要。
「最適な」とは状況とチームとしての狙いと個々に与えられたタスクで変わる。

野球ならば状況は1アウト2塁とか2アウト満塁とかある程度決まっている。
アウトカウントやランナーの位置、イニングや点差を含めてもバリエーションは限られている。

サッカーはボールの位置、味方選手と相手選手の位置だけでもバリエーションは無限に等しい。
無限のバリエーションの状況判断を助けるものとしてシステムがある。
よってシステム重視の監督の戦術浸透は比較的速い。

事細かに決まっていないことがネルシーニョの戦術を理解することに時間がかかる理由だと思う。

ネルシーニョ体制の3シーズン目。
戦術理解度がさらに増し、勝負の1年となる。
特にネルシーニョ体制2年目となる藤田直之、小林成豪、松下佳貴、中坂勇哉は上積みが期待できる。
反面、新加入選手がフィットするには時間がかかると思われる。

攻撃の組み立て

大車輪の働きだったペドロ・ジュニオールの代わりは獲得できていない。
11ゴールもさることながら12アシストがゴール前での献身さを表している。
レアンドロと渡邉千真のシュート精度が高くとも、ペナルティエリアの中でラストパスを通す選手がいなくなる影響の大きさは予測がつかない。

ペドロ・ジュニオールが抜けたツートップの一角を誰にするのか?

田中順也は万能型ストライカーでチャンスメイク、ラストパス、ミドルシュート、プレイスキッカーと多彩な武器を持っている。
プレーエリアが広く、タメを作ることができ他の選手を使うプレーができる。
しかし、渡邉千真に比べればペナルティエリアの中でのプレー精度は高くない。
田中順也をセカンドトップとして下がり目の位置に配置することでカウンターに厚みを持たせることができる。

渡邉千真はペナルティエリアの中で仕事するストライカーであり、裏への抜けだしやラストパスを受けてゴールを奪う力が高い。
チャンスを作ったり周りを使うことはそれほど高い能力があるとは言えない。
昨年同様に個を押し出してゴールを奪ってしまうならばレアンドロと渡邉千真のツートップとなる。

渡邊千真をトップに置く方が昨年のチーム戦術に近い。
攻撃に切り替わったときに昨年在籍していた選手が迷いなくプレーできる利点は大きい。

サイドハーフのタスク

サイドハーフの守備のタスクは、相手のチャンスになるようなパスを入れさせずにフタをすることと、サイドに追い込んでボールを奪うこと。
攻撃のタスクは、パスを出して攻撃を組み立てることと第3の矢としてトップに飛びだしていくこと。

渡邊千真は相手の攻撃にフタをする動きが抜群にうまかった。
昨シーズンの守備が不安定だったときに渡邊千真がサイドハーフでプレーできたことは助かった。
裏への抜けだしやシュートの精度はさすがであったが、チャンスメイクという点では無難なプレーが多く効果的であったかは疑問。
渡邊千真のサイドハーフはチームに安定感をもたらすことは間違いない。

サイドハーフの1番手は大森晃太郎

渡邊千真のサイドハーフ起用は横に置いておくとして、実績では大森晃太郎が1番手となる。
ガンバが三冠を獲った2015年は左右のポジションを半々でプレーしている点も他の選手の起用面で助かる。
しかし、大森晃太郎がネルシーニョに合うかどうかは未知数だ。
攻守にハードワークできるためネルシーニョが求めるプレーができそうに思いがちだが、球際の強さとスタミナが不安だ。

球際に不安に思うのは警告の少なさ。
ガンバでほぼスタメンで出場するようになった2014年以降のリーグ戦の3シーズン、81試合出場して警告はたったの1枚。
はたしてネルシーニョから闘っていると思わせるような球際のプレーができるのか。

ガンバでは70分前後で交代することが多かった点も心配だ。
若手は別として、ガス欠になったからといって交代させる選択肢をネルシーニョは持っていない。
交代は戦術の変更のためであって、中堅の選手で90分間ピッチに立っていられない選手はありえない。

サイドハーフでは大森晃太郎の実力は間違いないが、闘う姿勢を見せなければスタメンで起用しなくなるかもしれない。
そうなるとチーム力の大きなマイナスとなる。

もう一人のサイドハーフは

不安点はあるものの大森晃太郎はとりあえず確定だろう。
もう一人のサイドハーフは誰が適任なのか。

個人的な希望は、試合を使うことでいちばん伸びる選手をスタメンで起用してほしい。
昨年より攻撃人の選手層が増したとはいえ、現時点では未知数の選手ばかり。
大卒2年目の小林成豪と松下佳貴、ユースからの昇格2年目の中坂勇哉はどれだけ伸びるか未知数。
戦術理解度が高まれば活躍できると思われるが、フィットするか未知数のウエスクレイ。

優勝を狙うならば、浦和と鹿島の上に行くにはどうするかを考えなければならない。
現状、浦和と鹿島の上に行くには足りていない。
「未知数」の選手の誰かが大きく伸びることは、チームとして伸びることになる。
未知数に賭けることも必要だと思う。

田中順也のサイドハーフの適正は

ネルシーニョは1試合1試合を勝つことに専念する監督である。
開幕は実力と戦術理解度のある渡邊千真か田中順也だろう。
渡邊千真をトップに置くならば田中順也がサイドハーフに回る。
大森が第3の矢の役割で、田中順也はパスを出して組み立てる役割になる。
これがはまれば、トップのレアンドロと渡邊千真も含めバランスがすごく良い。

田中順也のサイドハーフは未知数だ。
ポルトガルと昨年の柏で少し経験はあるが、これまでは中央のエリアを主戦場としてきている。
ネルシーニョのサッカーを知っているとはいえ、優勝したときの柏とはメンバーが違う。
慣れないサイドのポジションでネルシーニョの求める最適なポジションを取るのはハードルが高い。

田中順也の左のサイドハーフはすぐにうまくいくようになるとは思えない。
ボールを奪ったときにポジションをとってボールがすぐに入るかどうか。
それとサイドバックやボランチとの守備面での連携。
開幕戦、左のサイドハーフで出るならば、そこを注目したい。

厚みを持たせるニウトンの攻撃参加

攻撃面でいちばん上積みが期待できるのはニウトンかもしれない。
昨シーズンは相手の攻撃の芽を摘む潰し屋として守備での働きが大きかった。
攻撃に厚みを持たせる仕事を昨年以上に見せてもらいたい。
チーム状況が悪い場合にはレアンドロに近い位置でプレーさせることも効果的かもしれない。

さいごに

ヴィッセル神戸が熟すのはもう少し先。
チームが熟す過程を楽しむ1年が今年も始まる。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。