[2017/03/04]vsアルビレックス新潟~本調子には程遠く

○ヴィッセル神戸(2-1)アルビレックス新潟●

クオリティの低い試合だった。
前節のエスパルス戦とはちょっと種類の違うクオリティの低さ。
前節のは単純に練度を上げていけば良くなると感じられたけど、今節のはいろいろ試行錯誤が必要かもと思ってしまう感じ。
悲観までは行かないけど、良くはない状況だな、という漠然とした感じ。
ネルシーニョはどう立て直してくるか。

しかし、60分あたりからアルビレックスが攻守ともに急によくなったのは何が変わったんだろう?

レフティ松下佳貴の右サイド

個人的に松下佳貴にはかなり期待している。

大森が前節後、コメントだったかインタビューだったかで左の方が慣れていると言っていたが、だからといってレフティの松下佳貴を右に配置する発想はなく意外だった。
少し時代遅れにはなっているがセオリーとしては右利きは右サイド、左利きは左サイドに配置する。
利き足と同じサイドだと前を向いたときボールをライン側に置くことになるので、内側から寄せてきた相手選手からボールを遠ざけることができ、ボールとの間に右足もあるために相手選手はボールにアプローチしにくくなる。
クロスも前を向きながら中に蹴ることができるので縦に仕掛けたときそのままクロスを入れることができる。
クロッサーやドリブラーは利き足と同じサイドの方がよい。

利き足とは逆のサイドに配置するのにはメリットもある。
中央や逆サイドからのパスをワンタッチで合わせやすい利点がある。
特にペナルティエリアに走り込みながら逆サイドからのパスをワンタッチでシュートできる。
利き足が右の渡邊千真が左サイドなのはそういう理由。

この試合の松下佳貴にもペナルティエリアに縦や斜めに入っていって直接ゴールに蹴り込むシーンを勝手に期待していたんだけど一度もなかった。
ネルシーニョは何をさせたかったのだろうか。

大森晃太郎

大森晃太郎が絡む展開がチャンスになっていた。
パスにしてもドリブルにしてもフリーランニングにしてもゴールまでのルートをイメージできているようなプレーをしているような印象を持った。
アップダウンを繰り返す汗かき役というイメージは消えた。

利き足は右となっているけどほとんど左足でパスを出していたんじゃないかな。
技術と攻撃のセンスに優れ、周りを使うことも使われることもできる。
多彩で有るが故に周りが大森の特長や望むプレーを掴むのに時間がかかるように気もする。
まだミスが目立つけどそこはすぐに良くなっていくはず。

横からのクロス

真横からのクロスは崩されていなくても危うくなりやすいもの。
ボールとマークする相手選手の両方を視界に入れることができないのでマークが剥がはがれるし、ボールサイドの逆から入ってくる相手選手にも気付きにくい。
63分のクロスを入れられた場面、ホニへのマークの受け渡しは渡部博文から岩波、高橋峻希にうまくできていたが、高橋峻希の外から中に入ってきた成岡に岩波は気付くのが遅れてフリーにした。
74分の同点ゴールではクロスに合わせた山崎のマークははずれていた。
他にも何度か横からクロスを入れられている。
2対2で数的不利な状況でもないのに簡単にクロスを入れさせてしまうのは昨シーズンから続いて改善できていない。

さいごに

相手のフリーキックをスンギュがキャッチしたのを見た瞬間にダッシュをかける慶治朗がキョウイチ。

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。