[20170503]ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖

ヴィッセル神戸(1-0)サガン鳥栖

課題の攻撃面の改善はなし。
それでも現状での最適解を導くための材料は得られたかな。

ウエスクレイのポジション

現状の選手構成でウエスクレイをどこでプレーさせるのがベストなのか。
前の試合に続きビルドアップを考えて2列目に配置。
後半、慶治朗と大森を投入で2トップの1角へ。
どちらのポジションの方がゴールの可能性を感じたか。
センターバックとのマッチアップさせる方が相手は怖さを持つはず。

左サイドバック

現状では左サイドバックの序列では橋本であるが個人的には不満がある。
橋本は高さがあるのはわかるが、体のキレや粘りがなく1対1で相手にやられる。
この試合で左サイドバックに入った松下は1対1で粘り強い守備で負けなかった。
いったん左サイドバックのスタメンは松下でよいと思う。

ボランチ

藤田、高橋秀人の離脱中のボランチ。
ニウトンを休ませたいがターンオーバーできずフル出場。
松下より三原の方がニウトンとの役割分担が明確で安定する。

写真

復帰の小川慶治朗。
U-20ワールドカップのメンバー選出の藤谷壮。
日に日に存在感を増す中坂勇哉。

うだうだ語るよりも写真を多めに。












(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。