[20170524][ルヴァンカップ]vsセレッソ大阪~オーガナイズされたやっかいな相手

セレッソ大阪(1-0)ヴィッセル神戸

2種登録のユースの選手も入れて完全ターンオーバーのメンバーを組んだセレッソに対しシャットアウト負け。
ヴィッセルはニウトンと大森を外した程度のほぼベストメンバー。
前半問題外のデキで、後半は一方的に押し込んだもののおしいシュートでさえわずかに1本。
恥ずかしい敗戦だ。

今日のところはセレッソを讃えるべきではないかなと思う。
後半のセレッソの守備はウエスクレイの個での突破をさせてもらえなかったし、左右に揺さぶっても中央に縦パスを入れる隙間が簡単にはできなかった。
そして何よりもどうやって守るか、何をすべきかが控えメンバーであっても理解し遂行できていること。
日曜日のリーグ戦のセレッソのメンバーは完全に入れ替わり展開は違ったものになるだろうが、非常にオーガナイズされているチームであることは変わりない。
また、ユン・ジョンファン監督はフィジカル重視の指導者のイメージが強いが、それだけではないことも知っておかなければならない。


走る選手で流し撮りの練習


いつもと違うテンションのモーヴィ。


ヴィッセルセレイヤを初めて撮ってみた。光の具合が悪くて申し訳ない。


後半からピッチに入った大森。途中までサイドを起点にということでクロッサー、終盤はワンボランチ的なタスクだった。


ウエスクレイはサイドよりトップで起用する方がいいと思うなー。バイタルエリアにいる方が相手は怖いはず。



最後はカズマ特集

(終わり)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ

最新記事一覧(トップページ)へ

コメントや感想や指摘などはゲストブックにお願いします。